オンラインレッスン対応しています。

緊急事態宣言下のピアノ教室として、レッスンに来られなくても生徒さんが目標を持ってピアノに取り組めるよう、オンラインでのレッスンにも対応しています。

 

LINEレッスンのほか、ZoomやFacetaimeも使って保護者の方とも連携を取りつつ、生徒さんの練習をサポートしています。

 

生徒さんと保護者の方からオンラインレッスンの感想、体験談を頂きました。

前向きなご感想が多く、不自由な状況も逆に利点にしていらっしゃいます。

様々な事情でレッスンに来られない方もどうぞご相談ください。

 

 

Line Lesson 体験談その1 RINA❤︎ちゃんママ&RINA❤︎ちゃん(小3)

ラインレッスンをしていただいて…

 

先生から「ラインで演奏の動画を撮影して送ってください。ラインレッスンします!」というお話があり、先生もお忙しいのに、申し訳ないと思いつつ送らせていただきました。

まず、ラインレッスンのために動画を撮るという作業をすることで、週の中ほどに1回仕上げる目標ができます。

そうすると今までは1週間ないし2週間後のレッスンに照準を当てて練習してきたものが、これまでの2倍進むようになりました。(○をもらうということではなく、そこに近づけるようになりました。)

動画を送ると先生から要点をしぼってアドバイスいただけるので、娘はそれをとても楽しみにして動画を送った直後から「先生からお返事きた(?)」と何回も聞かれました。

 

先生のアドバイスを母親の私自身覚えきれないので楽譜に書き込ませていただくようになりました。

すると娘もそこを重点的にやるようになり、次のレッスンのときには前回よりホップステップで上手になっているように感じました。

また動画を撮るということで多少なりとも緊張するようです。その緊張感を味わえることもまた訓練となり、人前で弾くことの免疫がついてきたように感じます。

誰がいても恥ずかしがらずに、ピアノを演奏するときにはそこに思いを込めて弾けるようになってきているように思いました。

先生の声と演奏を動画から聴くことで、集中もしますし、何より先生の言葉一つひとつが魔法をかけるかのように子どもたちのやる気を引き出してくださり、コンペに向けて楽しく取り組めました。

 

いつも新しい試みをしてご対応いただき、感謝感謝です。

ラインレッスンは上達への近道な気がしてなりません。

私自身もそこへ向けての気持ちが入るので少し焦って子どもと向き合ったりもするため、色んな意味で効果的です(笑)

 

~RINA❤︎ちゃん(小3)より~

 

次のレッスンまでに先生から教えてもらえるから、どこが違うかとか教えてもらえて上手になれたと思う!楽しい。

Line Lesson 体験談その2 ちゃんはるさん(小4)

私はコンクール前にLINEレッスンをして頂きました。

 

自分が弾いている動画を先生に送り、先生から文章や動画でアドバイスを頂きました。

 

動画では普段のレッスンと同じように細かいニュアンスもちゃんと伝わります。

レッスンの時と違い時間の制限が無いため、先生のアドバイスを聞いたら、出来るようになるまで何度も聞いて何度も練習できる点が良かったです。

 

自分の動画を撮る時は緊張感がありますし、間違えたり失敗した物は送りたくないので、上手く弾けるまで何度も撮ったりする事もあって、それだけで上手になれます。

本番前近くなると一回目のものを送って欲しいと言われる事もあります。

送る前に自分でチェックするので、出来ているつもりでも出来ていない事に気付けました。

LINEレッスンおすすめです。

 

Line Lesson 体験談その3 KOKOROさん(小5)

LINEレッスンを受けて

 

私がLINEレッスンを受けていいなと思った事は繰り返し見れる事です。

時々、通常のレッスンで教えてもらった事を忘れてしまう時があるけれど、動画が残っていると自分のタイミングで見れるのですごくいいと思います。

 

平日、塾や習い事で忙しい時は移動の車の中や、少しお行儀が悪いけれど食事中でも気になった時に見ていました。

また、先生に送る動画を撮る時に、撮られている!という緊張感があり一回一回に集中して取り組めます。

自分が弾いている姿をあまり見る機会がないので姿勢や弾き方を気をつける事ができました。

コンクール前に何度もLINEレッスンをしていただいたおかげで良い結果を残す事ができ、また次も頑張ろうという気持ちになりました。

 

Line Lesson 体験談その4 M.Mさん&F.Mちゃん(小5)

子どもがコンクールにむけて、LINEレッスンをしていただいたときのことをお話します。

まず、先生に指定された日までに練習した曲を動画で送りますが、弾いている姿を先生にも確認していただけるように録画していました。質問がある場合は、子どもが楽譜を指さしながら先生にお話しするように撮影しました。

 

先生に演奏を送る際には、子供は一番上手く弾けたものを送りたいと考えるようで、自分の演奏を注意して聞くようになりました。そのうえで、先生からいただいたコメントや演奏を繰り返して確認することで理解を深めていたようです。

何より自分の演奏を確認して弾き直すという反復練習は、一曲に対して丁寧に向き合ういい経験になりました。

子どもは過去の動画を見直すと自身の上達を確認できるようで、励みにしていたようでした。

 

~F.Mちゃん(小5)より~

 LINEレッスンでは、録画した演奏を送って間違いを直してもらいながら表現もみてもらいました。

質問も動画で撮影すると、先生に直接お話しするのと同じなので便利でした。

上手く弾けたと思った時でも、あとで確認すると弾けていないところがあるのがわかります。

何度も練習して満足できる演奏になったときは先生のコメントが楽しみです。